Withコロナ / Afterコロナ時代の事業開発プロセス
新型コロナウィルスが世界中に広まり、市民生活に大きな影響が及んでいます。経済も先行きが不透明な状態になっており、社会の未来を担う起業家たちにも大きな影響が及んでいます。また今後は地方にいながら起業し、働き続けるという選択肢が増えるのではないかと考えています。
そこで私たちスタートアップスタジオは、社会のさまざまな課題を解決しようとする全国の起業家の熱を絶やさないため、Withコロナ/Afterコロナの時代に、住む地域や環境を選ばずに起業をサポートできるよう完全オンラインで行うことを決めました。
Gaiax STARTUP STUDIOについて
「人と人をつなげる」をミッションとして掲げているGaiaxにおいて、AirbnbやUberなどに代表されるようなシェアリングエコノミーやCtoCの領域でのスタートアップ創出に注力している組織が「Gaiax STARTUP STUDIO」です。
スタートアップスタジオとは、「同時多発的に複数の企業を立ち上げる組織 ※」。具体的には、投資やビジネス開発だけではなく、エンジニアリング、デザイン、広報やマーケティング、採用、財務などの管理機能を提供しながら創業メンバーが最小1人からでもスタートアップを生み出している組織のことです。※ 出典:「STARTUP STUDIO」(アッティラ・シゲティ、2017)

Gaiax STARTUP STUDIOでは、出資だけでなく、事業開発・エンジニアリング・バックオフィスの支援も行うことにより、初めての起業でも、数十回の経験を経てきたスタートアップスタジオメンバーのノウハウの元、事業活動に取り組むことができます。また、アイデアの構想段階から起業後の資金調達とパートナー探しのフェーズまで、イベントなどを通して相談することもできます。
完全オンライン 事業開発ステップ
初対面時_事業相談から立ち上げ
データの共有はクラウド、面談はビデオ会議
ツールを使い、事業アイデアの壁打ちから事業開発手法のレクチャーまでオンライン
01
定期的な個別メンタリング
事業内容にフィットしたメンターをアサインし、定期的なメンタリングを行いながら、slackなどのチャットツールを活用してシームレスな情報交換
02
事業開発のサポート
仮説検証を行い、得られたフィードバックをもとに事業プランをブラッシュアップ。
MVP(Minimum Viable Product)などのプロダクト開発もクラウドツールを活用することによりサポート
03
起業家コミュニティで情報収集
Gaiax出身起業家、出資先起業家などと行なっているオンライン情報交換会に参加し、SNSで繋がっていただき人脈を構築
4
投資判断
プレシード期から数百万円の出資を行います。
契約時はクラウドサイン。
5
支援体制
事業開発
・定期レビューやslackを通じた事業推進のアドバイス
・事業推進上で必要な各種コンタクト先の紹介
・インタビュー先の開拓、インタビュー実務
エンジニアリング
・プロダクトオーナー、スクラムマスター派遣
・MVP開発、プロダクト開発の実務
・開発アドバイザー支援
バックオフィス関連
・経理、財務、労務、法務の実務
・採用・広報におけるアドバイス
・シェアオフィスNagatacho GRiDの提供
対象者
地方や海外在住など、地理的に東京都から離れている
アイディアに意見やアドバイスが欲しい
アイディアについて、「顧客の課題」「ソリューション」「マネタイズ」の
仮説がある
事業アイデアはあるが、顧客ニーズの
検証方法が分からない
事業アイデアはあるが、ピッチして資金調達出来るレベルなのかが分からない
事業推進(会社設立)のための資金調達や仲間集めの準備をしたい
応募方法
下記、応募フォームをご送付ください
Gaiax STARTUP STUDIO Member
佐々木 喜徳
技術本部長 / スタートアップスタジオ責任者
組み込みOS開発やテクニカルサポート業務の経験を活かし、個人事業主として独立。 その後、フィールドエンジニアリング会社の役員経て2007年からガイアックスに参画。 スタートアップスタジオ責任者として起業家への壁打ちや投資判断を担当。また兼任して技術本部長として、ガイアックスで生まれるスタートアップの技術支援や組織のエンジニアリングの戦略に取り組んでいる。
峯 荒夢
株式会社ガイアックス 技術本部マネージャー
シェアリングエコノミーを支える最も重要な技術としてブロックチェーンに取り組む。ブロックチェーンで応援を力に変えるサービスの「cheerfor(チアフォー)」や、Facebook社を中心に開発が進んでいるLibraを使ったプロトタイプの開発を行っている。
社外では、ブロックチェーンの国際標準を検討するISO/TC307国内検討委員にも名を連ねている。
山口 諒真
株式会社オクリーCEO
19卒ガイアックス入社。ガイアックス史上最速、入社1週間で出資を受け新法人を設立。株式会社TechpitのCOOを経て、現在は、株式会社オクリー代表取締役兼CEO。STARTUP CAFEのオーナーも務める。学生時代はトビタテ!留学JAPANやMAKERS UNIVERSIY、G1カレッジなどのコミュニティで活動。
新井 博文
一般社団法人シェアリングエコノミー協会 事業開発部長
シェアリングエコノミーの普及・促進を行う協会で法人企業を担当として日々、シェアリングエコノミーの最新情報に触れている。スタートアップと大手企業のビジネスマッチングや企業とのプロジェクト開発などを行う。
大戸 吹貫
株式会社咲弥
高校で会社を起こし、エネルギー開発事業を行う。4年後に事業売却。日越貿易で結果を残し、業務提携先の企業に事業譲渡。その後、渋谷宇田川にて飲食店を開店。人材派遣、AIベンチャーでの業務を経て、今年8月よりガイアックスへ入社。2019年12月に出資を受け、株式会社咲弥CEOとして事業開発に取り組んでいる。
倪 悦宸
株式会社ガイアックス
大学進学を機に中国から来日。来日後、英会話教育事業、おもちゃを取り扱う貿易事業など数々の事業に携わってきた。大学時代に在日外国人向け不動産仲介事業では店長として事業を成長させた。4月から19卒としてガイアックスに入社。現在はGaiax Startup Studioの在日外国人向け新規事業および投資先の支援に注力している。
富士 茜音
株式会社ガイアックス
20卒ガイアックス入社。株式会社オクリーの新規事業「みんのみ」立ち上げに参画。大学在学中は、インドでボランティア活動や、学生団体にて日本人学生向けに海外インターンシップを企画/運営などをした。
Gaiax STARTUP STUDIO 出資先
Made on
Tilda